新茶の季節がやってきました

先日お茶をいただく機会があり、生まれて初めて新茶を飲みました。

鹿児島のものだったのですが、本当に驚くぐらいおいしかったです。
普通の煎茶やほうじ茶は毎日飲んでいるので、新茶をいただく前は、正直に言って「所詮お茶はお茶でしょ」と思っていました。
本当に生産者の方にこんなことを言ったらひどく叱られてしまいますね。
そんな風に思っていた自分が恥ずかしいです。

新茶の水色は透き通った綺麗なグリーンで、甘味が口の中いっぱいにふんわりと広がり、最後に口の奥に独特の旨みが残ります。鼻を通っていく茶葉の青い香りが、気持ちをスッキリさせてくれます。

今までは新茶が出回る時期なんて気にしていませんでしたが、今年からはちょっとこだわって、お気に入りのお茶をもっとたくさん見つけたいと思っています。